授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 量子情報処理特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

牧野 浩典 准教授
授業の目標
脱フォン・ノイマン型の情報処理を目指した次世代の量子情報処理について学ぶ.
量子チューリング機械,量子コンピュータの計算原理と高速性,量子コンピュータ
の基礎になる量子ゲートの制御,量子アルゴリズムの仕組みを理解し,従来のチュ
ーリング機会,ディジタルコンピュータ,トランジスタを使った従来の論理ゲー
ト,アルゴリズムとの違いを明確に認識することを授業目標とする.
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 本講義を習得するには、量子力学等の知識を前提とする。これらの知識については、
自ら十分予習しておくことが、本講義を理解する上でのポイントである。
○本講義で得た知識や考え方を、様々な場面で積極的に活用するよう心がけていただき
 たい。

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                情報理工学専攻              修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成