授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 音声・音響工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

宮地 泰造 教授
連絡先:情報理工学部情報工学専攻事務室
    または、9号館4階情報メディア第4研究室
e-mail: miyachi@keyaki.cc.u-tokai.ac.jp
内線:4779
授業の目標
音によるコミュニケーションを理解する為に,音声の認識、音サインの認識、音声
による説明文の認識について学ぶ。周囲360度から得られる音情報の並列認識と複数
情報の並列提供の可能性と人間の潜在能力について講義する。騒音を発生させない
超音波による情報提供システムとその活用についても講義する。音のデータ処理の
信号処理と音声認識システムの実際を学ぶ。この授業を通じて,音の発生,球面波
と平面波の伝播,回折,屈折,減衰,吸音,共振など音の物理的な性質を考察しな
がら,音の正体にせまる.その上で,音の合成,記録,再生の原理を学び,ユビキ
タスコンピュータ時代の音響技術の基礎を習得する.
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

〇本講義を習得するには、音響・音声メディアの基礎知識を有しているか、または、音
のディジタル信号処理等の知識を前提とする。これらの知識については、自ら十分予習
しておくことが、本講義を理解する上でのポイントである。
○本講義で得た知識や考え方を、様々な場面で積極的に活用するよう心がけていただき
たい。

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                情報理工学専攻              修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成