授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 電力システム解析特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

青木 秀憲
授業の目標
 電力システム解析特論は、経済負荷配分、電力系統の安定度、電力系統の制御、電力系
統の新潮流などから構成されている。
 経済負荷配分では、電力系統の最適化問題の一つである経済負荷配分について教授す
る。この問題は非線形最適化問題となるので、ラグランジュ乗数法を用いることになる。
電力系統の安定度では、定態安定度問題、過渡安定度問題、電圧安定度について教授し、
これらの内一つを取り上げ、C言語によるプログラミングを学生各自で実施して、計算機を
使用して解法できるように教授する。電力系統の制御では、負荷周波数制御を例に取り、C
言語によるプログラミングを学生各自で実施して、計算機を使用して解法できるように教
授する。
 以上電力系統の計画・運用・制御を実施する上で必要な応用的な解析理論を展開し、電
力系統の制御情報システムの実践的な概要を理解される。


成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 新聞などをよく読み、電力系統に興味を持って授業を受けることが望ましい。また、C言語な
どを既に理解していることが望まれる。さらに、数値計算を実施するので、関係書物を持って授
業を受けることが必要である。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                電気電子システム工学専攻         修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成