授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 回路解析工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

青木 秀憲
授業の目標
  交流回路の理論は、電磁気学とともに電気工学のあらゆる分野において理論の根
底をなすものである。それだけに徹底理解が理工系の学生にとっては重要なポイン
トとなっている。しかし、学部では形式的な扱いに終始し、その物理的意義の理解
に乏しい嫌いがある。そこで、本講義では、回路解析の基礎的事項にある物理的意
義から教授する。その際、抽象的な表現はできるだけ避け、具体例による説明と学
習を進め、高度な理論への基礎づけに役立たせることを目標としている。
 上記の目標を達成するために、本講義では電気回路の学習を進めていく段階で適
宜、レポートと演習を課す。さらに、学部で学習できなかった項目についても講義
内容に付加し、知的理解を深める。
 
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

講義中にいろいろな質問をするので、積極的に自分の考えを述べてほしい。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                電気電子システム工学専攻         修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成