授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ディジタル信号処理応用特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

関口 高志 
授業の目標
 本講義では、ディジタル信号処理システム、特に適応信号処理理論の実際の応用先
としてレーダを取り上げる。レーダは最近、プリクラッシュセイフティーシステムや
オートクルーズコントロール用のセンサとして乗用車に搭載されることが多くなって
おり、身近なものになってきた。レーダでの計測原理、計測のための信号処理、干渉
信号抑圧信号処理などについて学び、ディジタル信号処理理論の実応用について理解
を深めることを目標としている。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 フーリエ変換、ディジタルフィルタ、相関関数、適応フィルタなどの信号処理理論の基
礎を知っていると理解しやすいが、その準備がない学生も理解できるように配慮して講義
を行う。

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                電気電子システム工学専攻         修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成