授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 電磁波工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

村野公俊

授業の目標
電磁波・電磁気現象は,無線通信から家庭用電化製品に至るまで,電気・電子・通
信工学のあらゆる分野において利用されており,これを把握することは電気・電
子・通信技術者にとって極めて重要である.本講義では,電気磁気学を学ぶ際に必
要な知識や場の概念について復習し,電磁波の基礎方程式であるマクスウェルの電
磁方程式の物理的な意味・性質及び電磁波の波動としての振る舞いについて理解す
ることを目標としている.

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

電磁波を理解するためにはその基礎である電気磁気学を十分に理解していることが重要
である.電気磁気学とその数学的取り扱いに関する知識が不十分な者は,本講義を通し
て復習することが望ましい.
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                電気電子システム工学専攻         修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成