授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 電子デバイス工学基礎特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

桑畑 周司
授業の目標
 電子素子(デバイス)は電気電子技術の分野に留まらず、現代の科学技術すべての
根幹を支えるものであり、エネルギー変換、電力輸送、制御、情報通信等の人間の
活動に関わるすべてを支えていると言っても過言ではない。その電子デバイスは半
導体から造られており、半導体中の電子の振る舞いを理解しなければならない。
 講義では、まず量子力学で記述される物質中の電子の振る舞いを説明し、電子が
粒子性と波動性を持つことを学ぶ。次に半導体の基本的な物性や特徴として、バン
ドモデル、電荷のキャリアである電子と正孔(ホール)及び不純物の役割等を学ぶ。
その後、電子デバイスの基本であるpn接合とその応用であるpn接合ダイオー
ド、金属と半導体の接触によるショットキーダイオード、異種半導体の接合である
ヘテロ接合について説明する。
 本講義では、電子デバイス作製に必要な半導体の基本的な性質を理解することを
目標とする。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 学部で学んだ関連科目の復習を十分にしておくこと。講義の中で新しいデバイス開発の
可能性を与えてくれるヒントを探ることを心がける。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                電気電子システム工学専攻         修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成