授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 電磁界理論特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

若林 敏雄 教授

授業の目標
 電磁界現象はマックスウエルの方程式によって記述される。この方程式を解き現
象を把握し、それを応用するための能力を養う。
 講義では、電磁波の伝搬、伝送、放射の理論を学ぶ。電磁波の伝送、回折、散乱
においては境界値問題として捉え、その解析法を理解すると共に、解析によって得
られた現象を把握する。また、媒質中の電磁波伝搬、さらに電磁界の数値解法につ
いても学ぶ。講義は主に発表形式で行い、解析や現象の理解と共に、まとめる力、
発表力、表現力、問題の発見及び解決能力も合わせて養う。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 発表を主体とした授業である。解析力、まとめる力、発表力等が必要とされる。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                情報理工学専攻              修士課程 選択
工学研究科                電気電子システム工学専攻         修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成