授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 応用プログラミング特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

松本欣也

授業の目標
本講義では、プログラム開発における実践的な応用分野を選定し、その応用分野に
おけるプログラミングをプロトコル、アルゴリズム、実装方式、設計・記述方式の
観点から理解し、プログラム応用に関する深い見識と実践的な技術を身につけるこ
とを目標とする。具体的には、情報基盤として注目されるIP電話システムを題材
とし、本システムの理解に不可欠な @組込みシステム、Aネットワーク、およびB
マルチメディアの分野のプログラミングについて理解を深める。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

基本的なソフトウェア工学の知識の上に具体的な事例について、各種の技法を適用し、
その有効性を検証しながら講義を進めていく。日頃からプログラミングに親しんでおれ
ば、理解も同時に深まるので、何らかのソフトウェア開発をしていることが好ましい。
学部・学科必修/選択の別
産業工学研究科              情報工学専攻               修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成