授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 建築構造解析特論・同演習
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

諸岡繁洋(建築学科,内線4237)
授業の目標
 本講義では、市販の構造解析ソフトの使用方法と、解析ソフトに足りない部分を自
作プログラムにより補助する方法について解説します。対象とする構造解析ソフト
は、小規模な構造設計事務所で使用されることが多いMIDAS/Genです。一通りの基本
的な使用方法と断面算定方法を習得した後、本ソフトで対応していない木質構造の許
容応力度設計法を行うためのテクニックを解説します。また、本ソフトはテキスト形
式の入出力をサポートしているため、入力データを自作のプログラムにより作成した
り、計算結果を自作のプログラムで処理する手法について解説します。
その他、意匠設計事務所とのやりとりで使用されるDXFデータを自作する方法につい
て解説するとともに、ケーブル構造のように力と形が密接に関係する形状の作成手法
について解説します。
本講義を通して解析ソフトまわりの計算環境を整える方法について実習することによ
り、新しい構造形式・計算方法に対応できる人材を育成することを目的としていま
す。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

講義・演習には必ず出席し,授業時間内になるべく課題を仕上げてください。

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                建築学専攻                修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成