授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 建築研究ゼミナール4
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

岩岡 竜夫 教授、岩田 利枝 教授、小沢 朝江 教授、加藤 仁美 教授、杉本 
洋文 教授、坪田 祐二 教授、羽生 修二 教授、藤井 衛 教授、真下 和彦 教
授、山崎 俊裕 教授、吉松 秀樹 教授、十亀 昭人 准教授、高橋 達 准教授、
諸岡 繁洋 准教授、渡部 憲 准教授、渡邉 研司 准教授
授業の目標
 指導教員の担当する科目並びに専攻内の関連科目の履修によって得られる専門知識を踏まえ、指導教員が行
う研究を中心とした少人数または個別指導により、建築学の分野に関するより高度な専門知識と研究の実践方
法を授け、院生自らが行う修士論文・修士設計の研究テーマへと集約させていく。また、これらの指導を通
じ、問題発見・解決の能力と研究開発に関わる研究者・技術者としての基礎的素養を備えた人材育成を目標と
する。
 建築研究ゼミナール4は、建築計画及び工学研究の第四段階の総集編としてのゼミナールである。建築研究
ゼミナール4の授業目標は、建築計画及び建築工学における、現在の研究分野を概観し、その中で、各自の問
題意識を認識し、修士課程の中で修士論文・修士設計を纏めるためにどのような研究手法で、研究内容を推進
し、研究計画を立てていくかに関して、考えを明確にしていくことである。このため、建築学の計画系及び工
学系の研究テーマに関連した国内外の文献を調査し、研究論文の専門誌とその内容を認識し、興味深いテーマ
を検索し、ゼミナールの中でプレゼンテーションを行い、議論を交わして、研究意識を高め、各自の研究テー
マについて研鑽を行う。


成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

研究指導教員が担当する主要研究テーマに関係する研究情報等を国内外の専門図書及び研究論文等を通じて、院生自
ら検索・整理し、研究テーマに対して工学的見地から自分自身の考えを持つ事が肝要である。そのため、そのような
専門誌を対象としていくことが重要であるかを良く考え、そのためにはどのような検索を行い、目的とする研究テー
マに近づくための考え方を整理して、自分の考えを見失わずに、研究テーマに対する適切な計画を組み立て、実行に
移す準備をしていくことが重要である。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                建築学専攻                修士課程 必修

2015/09/10 15:49:56 作成