授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 機械制御工学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

大友 篤
授業の目標
本講義は機械制御工学特論Tと関連にした講義であり、現代制御理論について学習
する。機械制御工学特論Tでは、古典制御理論を復習し、現代制御を学ぶための、
状態空間法に基づく状態方程式、可制御・可観測などの基礎を学んだ。本講義で
は、現代制御理論の出発である、最適制御とそとそれを実現する状態フィードバッ
ク、その最適例である最適レギュレータの構成法を学びその状態フィードバックを
求めるためのリカッチ方程式について学ぶ。さらに、状態量が計測できない場合の
状態観測器の構成について学ぶ。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

輪講形式で授業を行う。機械制御特論1に続いて行うものであるから機械制御特論1を
受講しておくことが望ましい。
学部・学科必修/選択の別
産業工学研究科              生産工学専攻               修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成