授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ソフトコンピューティング特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

石岩
授業の目標
本講義では、最近知的情報処理の先端技術として注目されてきた、現実の世界に広
く存在する不精密性や不確実性が反映させようとしている新しい計算様式であるソ
フトコンピューティングの基本的な応用テクニックについて学ぶ。特に、特論Tで
身に付けた、ファジィ論理、ニューラルネットワーク及び遺伝的アルゴリズムの基
本アーキテクチャに基づいて、実際の応用事例を取り組むことによって、その応用
技術を習得する。また、幾つかの研究事例の詳細を紹介する計画である。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

出席、レポートおよび定期試験によって総合評価を行う。
学部・学科必修/選択の別
産業工学研究科              情報工学専攻               修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成