授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 画像処理特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

岩崎洋一郎
授業の目標
 本講義では,画像処理の原理を理解した上で,C言語を用いて画像処理が行えるよ
うになることを目標とする。内容は画像解析を中心とする。
 人間が画像を見て,その中の物体を識別したり,物体の数をカウントしたりする
処理を,コンピュータを用いて自動的に行うことが画像解析の目的である。本講義
では,画像解析に必要な各種手法を学びながら,画像解析のプログラミング演習を
併用して行う。この授業方法により各種処理手法の原理を理解し,それを活用する
スキルが身に付く。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 本授業では画像処理のプログラミング演習を行うので,C言語によるプログラミングの
知識を必要とする。また,画像処理特論1を修得済みであることが望ましい。


学部・学科必修/選択の別
産業工学研究科              情報工学専攻               修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成