授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 リモートセンシング特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

岩下 篤
授業の目標
1972年以来,多くのリモートセンシング衛星が打ち上げられ画像情報の技術が急速に
進展してきた.リモートセンシング技術は,物質と電磁波の相互作用及び光・電波の
電磁波としての性質を基礎として,画像情報データの収集から処理・解析まで一つの
体系をなしている.本講義では,この体系の全体像を学ぶと共に,音波を用いて遠隔
感知する手法等の広義のリモートセンシング技術や諸分野への応用例について紹介する.



成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

リモートセンシング技術についての最低限の知識を有することが必要である.
学部・学科必修/選択の別
産業工学研究科              情報工学専攻               修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成