授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 地球環境科学特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

小林 茂樹

授業の目標
 現在、地球温暖化や大規模自然災害、資源・エネルギー問題などの様々な地球環
境問題について議論され、早急な対策が叫ばれている。これらの諸問題を科学的に
理解するためには、地球を地圏・水圏・気圏・生物圏からなる一つのシステムとし
てとらえ、惑星地球の誕生から進化の過程において、各圏の相互作用により地球環
境がどのように変遷してきたのかをよく知る必要がある。本授業「地球環境科学特
論1」と「同2」では、4つの圏から全地球史46億年間の環境変動を解読してい
く。まず、「地球環境科学特論1」では、地球史7大イベントや惑星地球の形成・
進化の過程とダイナミクスについて概観しながら、地球科学の基本知識と考え方を
修得することを目標とする。地球システムを物理的に理解するために必要な地球物
理学(惑星科学・地球内部構造と地震学・測地学・気象学など)、地球環境変動の
痕跡を読み解く地質学・地史学・地球年代学・古生物学・縞縞学などの基本を学習
する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 大学1・2年生レベルの地球科学の基礎から始める。地学分野を未学習な者は、授業
の前半で基本用語などをしっかり身に付けること。続いて、物理法則を理解しながら、
地球環境変動を定量的に理解していく。地球環境問題に関する一般的な読み物や、高校
地学レベルの入門書を読んでから授業に臨むとよい(授業でも紹介する)。
学部・学科必修/選択の別
産業工学研究科              情報工学専攻               修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成