授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 計算機基礎理論特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

孫 寧平

授業の目標
本科目は、計算機基礎理論特論1で学んだ離散的な情報の扱い方を基礎として、与
えられた問題を解く効率的なアルゴリズムを作成する方法、および作成したアルゴ
リズムの性能の理論的、客観的な評価方法について学ぶことを目的とする。具体的
には、種々の計算機モデル(逐次計算機、並列計算機等)を学んだ後に、計算量理
論、動的計画法、貧欲アルゴリズム、グラフアルゴリズムについて学ぶ。アルゴリ
ズムの性能評価については、計算時間や計算容量による分類を学ぶ。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

計算機を表現する道具、離散数学を用いて計算機モデルやアルゴリズムを解説するの
で、計算機基礎理論特論1を受講しておくことが望ましい。

学部・学科必修/選択の別
産業工学研究科              情報工学専攻               修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成