授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 構造力学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

担当教員名:伊藤是清

授業の目標
有限要素法は構造工学の分野から発展して、科学技術全般に通用する数値解析ある
いはシミュレーション技術として普及している。建築の分野でも応力解析や振動解
析および弾塑性解析などに利用されており、ここでは有限要素法の基礎と簡単な応
用および保有水平耐力・限界耐力の習熟を目指す。
有限要素法の概要や骨組(トラス構造、ラーメン構造)および平面応力などについ
て学ぶ。フォルトランなどのプログラム言語も利用し、実際にトラスや平面応力問
題をプログラミングしながら例題解析する。また、保有水平耐力や限界耐力の計算
法を学ぶ。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

フォルトランなどのプログラム言語も利用し、実際にトラスや平面応力問題をプログラ
ミングし解析するので、パソコンを使えるようになっておくこと。


学部・学科必修/選択の別
産業工学研究科              社会開発工学専攻             修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成