授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ベクトル解析特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

林 平馬
授業の目標
本科目ではベクトル解析について、とくに産業工学研究科での研究に必要な要点と基
本事項を厳選し最小限度にまとめて講義する。線形代数の基本事項とくにベクトル計
量(内積、ノルム、外積、等)の復習から始め、つぎにベクトル関数の微分法を導入
し、その種々の微分公式を古典的力学の法則と対比しながら解説する。さらにベクト
ル場・スカラー場における線積分、面積分の計算とこれらの相互関係について解説す
る。着実な計算力を培うと同時に、種々の積分公式(ストークスの定理、ガウスの発
散定理など)のもつ流体力学,弾性力学などにおける固有の意味まで含めて理解を深
めることを目標とする。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

本科目の履修に際しては、微分積分学および線形代数学について習熟していることが望
ましい。加えて、
  1)こまめにノートをとり
  2)こまめに調べること(復習・レポート課題など)
  3)こまめに質問すること
が大切である。
学部・学科必修/選択の別
産業工学研究科              社会開発工学専攻             修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成