授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 アナログ信号処理特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

藤森 成一 非常勤講師
授業の目標
 通常、情報を伝搬する信号はアナログ信号とディジタル信号に大別される。本講義は
アナログ信号の基本性質およびその解析手法、処理手法に関するものである。まず、
アナログ信号やアナログシステムの解析および設計に必要な数学手段としてフーリエ
解析の理論を取り扱う。そして、フーリエ解析を用いてアナログ線形システム、特に
フィルタの理論について考察する。その上で、種々の評価関数に対して最適となる
フィルタの設計理論を展開する。また、アナログ信号処理の発展としてディジタル信
号処理との関連性について述べる。本科目はアナログ信号処理の基本理論および基本
手法の修得を目標とする。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 数学では微積分や級数展開が使用される。その基礎知識について十分に復習して受講くだ
さい。また、後に「ディジタル信号処理特論」の受講が望まれる。

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                情報理工学専攻              修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成