授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 観光社会理論演習1−1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

本田 量久
授業の目標
 観光社会理論演習の諸科目は、観光社会理論研究の諸科目と同じ研究目的をもつもの
であり、学生の主体的な問題発見・解決力を、国内外の社会学・観光社会学関連の文献
を講読し、あるいは学生が実際に行った社会調査の発表と討議を経て育成しようとする
ものである。学生が主体的に調査・研究を行い、教員が適宜指導を加えることにより
研究方法を体得できるようにすすめる。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 本演習は、特に都市社会学、集落社会学の諸理論と、実際の町づくり・地域振興の事例を
比較対照しつつ、理論と実践との関係について考量し、学生に実践的な理論構築を試行させ
ることを主眼とする。主とし英語文献をこれまでの理論研究のために用い、国内外の実践例
を収集して、その理論的分析を行う。

学部・学科必修/選択の別
文学研究科                観光学専攻                修士課程 選択

2015/09/10 15:49:56 作成