授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 観光学研究法C
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

松本 亮三、加藤 泰、川野 美砂子、石森 良和、浅野 清彦、立
原 繁、田中 伸彦
授業の目標
 1年次修了時に、観光学研究法Bで完成させた「予備修士論文」の発表会を、専攻所
属の教員・学生全員参加のもとに行う。この予備修士論文発表会において受けた批判や
助言等を基に、引き続き調査・研究を行わせる。授業は、「観光学研究法B」と同様、
学生各自の調査経過報告を主体とし、学生・教員間で議論し、指導教員が助言を与えて
次のステップへの移行を促す。学期末には修士論文のほとんどを書き終えることができ
るように、進捗管理を厳格に行う。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

松本:観光資源の保全と利活用、並びに観光をめぐる政治・経済・社会などの諸問題を焦
点として、社会科学を基盤とし、かつ文明論的視点をもって総合知を活用することができ
るように指導する。
加藤:グローバル化した現代世界の観光が生み出す人間関係や社会関係の葛藤などの諸問
題を、社会人類学の手法でとらえ、その問題探求と解決策等について指導する。
川野:社会人類学及び観光人類学の視点から、人間の観光行動の特性、世界の諸文明間に
見られる観光や観光行動の特質に関する研究を指導する。
石森:観光産業をめぐる諸問題について、金融面を主として、経済社会学的視点で検討
し、社会学並びに経済学の方法により研究を指導する。
浅野:観光企業のマーケティング活動上の諸問題を、主にその機能から検討し、マーケテ
ィング論に基づく経営社会学の方法により研究を指導する。
立原:観光企業の経営管理上の諸問題を焦点として、経営管理、生産管理、労務管理等の
経営社会学の方法により研究を指導する。
田中:レジャー学、レクリエーション論の視点から、自然観光資源の利活用を指導する。

学部・学科必修/選択の別
文学研究科                観光学専攻                修士課程 必修

2015/09/10 15:49:56 作成