授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 微分積分
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
微分法では,2つの関数の割算(平均変化率)の極限として0を0で割るとう演算を捉
えて,そこから関数で表現される動きの瞬間の変化率(微分係数)という考え方を導
き出す.また積分法は,曲線で囲まれた図形の面積を数学的に捉える方法である
が,この計算と微分法の計算との間には逆演算としての関係がつく.講義では,ま
ず基本的な関数の諸性質を明らかにし,微分法と積分法の意味と定義を理解し,計
算規則を学ぶ.また応用としてマクローリン展開や求積問題など,海洋学で必要と
なる応用についても解説する。

授業で育成する力・スキル:「海・自然を知る」為の基礎科目である。
先修条件または
他の授業科目との関連

先修条件は無い。専門科目の基礎となる内容なので、低セメスタ−での履修が望まし
い。また関数に対する知識が未習熟である場合には「数を観る眼」の科目と併せて履
修する事を勧める。
微分積分を学んだ後に「微分方程式」「ベクトル解析」「フーリエ解析」「確率統
計」へと進むのが望ましい順序となる。
履修のポイント
留意事項

学科等により内容が多少変わってくるので、履修の際はシラバスの「詳細」をよくみて決
めるように。

学部・学科必修/選択の別
海洋学部 海洋地球科学科 選択
海洋学部 航海工学科                航海学専攻 選択
海洋学部 航海工学科                海洋機械工学専攻 選択

2016/09/14 10:14:28 作成