授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 力学入門
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
高校で物理を履修しなかった学生の存在を念頭に置いて、力学の基礎を学ぶ。ニュー
トンによって与えられた力学の出発点、すなわち運動の三法則のうち第二法則の理解
を中心目標とする。その法則の数学的記述のために導入された微分・積分を、時間の
関数としての位置、速度、加速度を通じて理解し、簡単かつ基本的な運動(等加速度
運動、等速円運動、単振動)について第二法則を適用して力と運動の関係を学習する
ことを目標とする。単なる座学だけの講義に留まらず、簡単な実験を学習の各段階に
おいて学生諸君が自分自身で行うことによって理解を深める助けとする。

先修条件または
他の授業科目との関連

数学は自然科学の共通言語である。従って、数学の文法を理解しないと自然現象を
正しく把握することは困難である。この古典力学において必要なものは初歩的な微
積分(厳密な意味の“極限”は必要としない)である。講義でも導入時に説明は行
われるが、予め基礎的な微積分の知識があれば理解しやすい。
履修のポイント
留意事項

物理学は難しいという印象を持っている人もいるが多いかも知れない。しかし力学は、そ
の基本から確実に、論理的に理解しようという態度で向き合えば決して難しいものではな
い。まず定義(基本概念)を理解し、その基礎的な理解の上に、本質を把握するという方
法を習得して欲しい。練習問題を1問でも2問でも自分で考えて解くことである。疑問点
や不安な事柄は、積極的に講義担当者に質問をすることが肝要である。



学部・学科必修/選択の別
海洋学部 海洋地球科学科 選択
海洋学部 航海工学科                航海学専攻 選択
海洋学部 航海工学科                海洋機械工学専攻 選択

2016/09/14 10:14:28 作成