授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 船体構造工学
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
船舶には多くの種類があり、油タンカー、ばら積船、鉱石運搬船、コンテナ船、L
NG船、客船、艦船などの種類毎に特徴的な構造様式が採用されている。船の安全
な運航のためには、荒天時であっても船に加わる荷重に対して十分耐えるような構
造強度が必要となる。本講義では船全体としての強度のほか、平板と補強材からな
る局部構造の強度について学ぶ。また船体の構造解析の方法や海洋波の統計的な性
質についても基礎的な学習を行なう。
先修条件または
他の授業科目との関連

材料力学を先修することが望ましい。
履修のポイント
留意事項

船体構造設計の主要なツールである有限要素法による構造解析についても学ぶ。波浪荷
重については、応用流体力学で学ぶ海洋波の知識も有用となる。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 航海工学科                航海学専攻 選択
海洋学部 航海工学科                海洋機械工学専攻 選択

2016/09/14 10:14:28 作成