授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 船舶算法
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
船舶算法は船舶工学や海洋システム工学の中で最も基礎的な専門科目である。その
対象は、船舶や海洋構造物であり、その形状は数式表現の不可能な複雑な曲線から
構成される3次元物体である。これらを対象に浮体の釣り合い条件などを評価する
ために必要な面積、体積、重心、モーメント、面積、2次モーメントおよび船舶特
有の排水量等諸量の物理的内容を理解するとともに、具体的な数値計算方法を理論
学習と演習を通して理解し、浮体安定論や船体構造工学などの専門科目への基礎知
識を習得する。
先修条件または
他の授業科目との関連

海洋機械工学の最も基礎的な知識を修得する授業であり,必修科目である。浮体安
定論の基礎となる.


履修のポイント
留意事項

専門用語になれるとともに、計算法について予習と復習を確実に行い、知識を確実に身
につける必要がある。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 航海工学科                海洋機械工学専攻 必修

2016/09/14 10:14:28 作成