授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 船舶計画法
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
本講義では一般商船を対象として、船舶の速力、貨物条件、積載量、航路などの設
計諸条件に適合した船体の主要寸法、船体形状、配置、復原性など諸性能を含めた
船舶の基本的諸要素を決定するための設計理論および具体的な手順、方法を学習す
る。そのため、船の機能分析、流体力学、構造力学および艤装などの多面的な分野
における設計の基礎的な考え方を学習する。また演習としては、代表的商船におい
て実務上必要な海事法規などの設計上の諸制約を考慮した具体的検討を行い、実船
の基本計画の流れと考え方を理解することを目標とする。
先修条件または
他の授業科目との関連

船舶計画は設計の重要な基本段階である。船の基礎教科である船舶算法、浮体安定
論、材料力学などを履修し、理解していることが求められる。
履修のポイント
留意事項

幅広い技術要素を取り扱うので、学習の進展に伴い、その基礎となる既履修科目の復習
を行い、理解を深めることが必要である。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 航海工学科                海洋機械工学専攻 選択

2016/09/14 10:14:28 作成