授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 自然を観る眼(生物学)
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
  自然を観る眼(生物学)は、生物系の他の科目をスムーズに学んでいくために必
要とされる生物学の基礎的な学力を身につけることを重要視した科目である。生物
学の基盤となる部分を理解することで、自然を観る眼が育成され、様々な生命現象
を科学的な視点で捉えることが可能になると考える。また、近年、文系,理系また
は専門的な研究などに問わず様々な分野で自然環境や生物が関与した事柄や事象が
増加しており、専門的な知識はもちろんのこと、基礎知識をしっかりと身につけて
いる人材が社会では必要とされてきている。
 そこで本講義では、生物学の基礎的な知識を習得し、身近で起る現象や情報をい
ち早く理解し、感じ取りながら、生命現象のしくみや面白さを学習していく。主な
内容は、生物の共通性,生物の連続性,生物の多様性,生物の環境などである。

授業で育成する力・スキル:「海・自然を知る」為の基礎科目である。
 

先修条件または
他の授業科目との関連

  現代が抱える多くの問題の理解に必要な科目であり、「生物学」を含む全ての
生物系科目の基礎となる科目である。そのため、すでに「生物学」を修得している
学生は講義内容から履修することを勧めない。

履修のポイント
留意事項

  講義の内容は、基礎的なレベルで行われるが、理解が十分にできなかった場合、質問
はもちろんのこと、その他、自分自身で図書館やインターネットを活用し、理解するこ
とが望まれる。

学部・学科必修/選択の別
海洋学部 海洋文明学科 選択
海洋学部 環境社会学科 選択
海洋学部 海洋地球科学科 選択
海洋学部 水産学科                 生物生産学専攻 選択
海洋学部 水産学科                 食品科学専攻 選択
海洋学部 海洋生物学科 選択
海洋学部 航海工学科                航海学専攻 選択
海洋学部 航海工学科                海洋機械工学専攻 選択

2016/09/14 10:14:28 作成