授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 英語検定準1級
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
授業の目標  自ら考える力(学習力)、成し遂げ力、外国語運用能力  
 文部省認定の実用技能検定試験(英検)準1級を受験する学生を対象に、外国語運
用能力としての英語の四技能(リーディング、ライティング、リスニング、スピーキ
ング)の向上を図り(学習力)、準1級合格を目指す(成し遂げ力)ことを目標とする。
英検準1級は、1級と2級の程度の差が大きいために、その中間の級として設けられ
たものである。短大卒業程度の英語力が必要とされているが、実際はそれよりもはる
かに難しく、並大抵の努力では合格できない。しかしそれだけに、かえって取得する
価値のある資格なのである。英検2級取得者が増える一方で、準1級取得者はまだま
だ少数だ。就職の際、2級と準1級の取得者では、やはり準1級取得者のほうが有利
に扱われる。準1級は自分の英語力を証明するためには格好の資格といってよい。こ
の授業では、テキストに沿ってあらかじめ指定した箇所の問題の演習を行い、正解か
どうかチェックし、高度な文法の説明や語彙・熟語の説明、読解上の留意点、英作文
など文章構成上の重要なポイントの説明などを行う。

先修条件または
他の授業科目との関連

特になし。
履修のポイント
留意事項

1.予習,復習は不可欠である。さらに授業以外でもできるだけ多くの英語に接し
    英語を聞いたり,英文を読んだり,単語や熟語を覚えたりする努力が必要であ
    る。また、日頃から科学,社会,文化など様々な分野の知識を身に付ける姿勢
    を心がけてほしい。
2.二次試験(口頭試問)では会話力が試されるので、授業に加えて会話力養成を
    心がける必要がある。
3.少なくとも英検2級程度以上の英語力があることが望ましい。
4.人数制限を行う場合がある。

学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2016/09/14 10:14:28 作成