授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ロシア語表現法2
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
【授業の目標】  自ら考える力、成し遂げ力、外国語運用能力
 ロシア語表現1に引き続き、ある程度ロシア語の基礎固めが出来た学生を対象に
します。筋道の立った内容の文章を書いたり、スピーチしたり、あるいは、ある程
度内容のあるロシア語原文を分析して意見を発表することが出来るよう訓練しま
す。論理的に文章を構成し分析するための、一層しっかりした文法力と語彙力を身
につけて行きます。自ら考える力を鍛え、自らの考えを発信するために、筋道の立
った内容にまとめ表現するという成し遂げ力を培い、総合的な外国語運用能力を身
につけて行きます。

先修条件または
他の授業科目との関連

先修条件はありませんが、入門1,2は修了しておきましょう。あわせて基礎1,
2、会話入門1,2、会話初級A,B、会話中級1,2、講読初級1,2.講読中級
1,2、検定初級1,2、検定中級1,2などを履修することで効率よく語学力を
高めることができます。
履修のポイント
留意事項

1、毎回の授業の復習を必ずおこなう。
2、目で活字を追うだけの勉強ですまさないで、必ず口を使ってロシア語の単語や文を
繰り返し発音してみること。
3、これまでに学んだ文法事項を復習しておくこと。

学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2016/09/14 10:14:28 作成