授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 日本語音声学
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
外国語の発音で苦労した人は多いであろう。自分では正しく聞き取って、正しく発音しているつもりでも、母
語話者からは不自然な発音だと言われてしまう。大人になってから、外国語の正確な発音を習得するのは容易
ではない。それは何故であろうか。
  この授業では日本語音声学を調音音声学の枠組みを基礎にして学ぶと同時に、実際に発音しながら調音器官
の動きを観察し、発音のメカニズムについて学ぶ。また、日本語学習者の音声上の問題点を分析し、母語の音
声特徴がどのように日本語の発音に影響を与えるかについて対照的に観察し明らかにする。日本語音声学を学
ぶことを通して、自分自身の言語について再認識すると同時に、異なる言語を話す人々に対する理解と認識を
深めたい。


先修条件または
他の授業科目との関連

日本語発音指導の基礎知識が得られるだけでなく、受講者自身の外国語学習のヒントも得られるであろう。


履修のポイント
留意事項

この授業では、留学生に母語の発音を指導してもらったり、日本語学習の経験談を聞いたりするが、授業以外でも留
学生と積極的に交流して、発音を教え合うなどの機会を作ってもらいたい。

学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2016/09/14 10:14:28 作成