授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 日本語語彙論
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
まず、日本語の語形(単語の認定、語構成)、語義(「意味」の意味、意義、類義、同義、対義、多義)、語
種(和語、漢語、外来語、混種語)、語彙量(延べ語数、異なり語数、使用頻度、使用率、基礎語彙、基本語
彙)、語彙の出自と位相等について概説し、次に類義語の意味分析を行う。複数個の類義語間の意味と用法の
差を明らかにするために、グループに分かれて各自が意見を述べ合いそれを集約して意味の記述を行うなど、
演習形式の授業を通して語彙論に関する知識だけでなく意味分析の方法が体得できるようになることを目指
す。

先修条件または
他の授業科目との関連

先修条件はないが、「現代日本語文法」を同時に履修することがこの授業を理解する助けとなるであろう。

履修のポイント
留意事項

意味を調べ得る場合、電子辞書だけではなく複数の辞書(紙に印刷されたもの)を引く
ように心がけたい。

学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2016/09/14 10:14:28 作成