授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 日本語授業研究
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
授業は、教師と学習者がともに創り出す「場」であるが、リーダーおよびファシリテーターとしての教師の役
割は大きい。このような考えに基づき、本授業では、日本語の授業を行う際に教師が知っておくべき知識・方
法・態度について総合的に考える。
 前半は、第二言語習得理論の観点から学習者の心理的要因を中心に日本語の授業を考える。後半は、社会的
構成主義の観点を取り入れた学習環境のデザインについて考える。また、これまで自ら受けてきた授業の内省
を通して、先行研究の知見を検証し、新たな問いを発見していきたい。

先修条件または
他の授業科目との関連

日本語教育の全体像を知るために、「日本語教育法概論」を受講しておいたほうがよい。また、公開授業の際
に別科の日本語授業を見学することを勧める。


履修のポイント
留意事項

 日本語の授業に限らず、他の授業で教師がどのような方法・態度で授業を構築しているかをじっくりと観察してほ
しい。そこから問題を設定し、参加者全員で考えていく予定である。

学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2016/09/14 10:14:28 作成