授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 言語の諸相4
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
音声言語はコミュニケーションの最も大切なツールであり、外国語学習においても音声を正確に認識し理解
することは大変重要である。文字言語に比べて音声は捉えどころがないように感じられ、発音やリスニング
に苦手意識を持つ者も多いであろう。しかし、声帯や発声器官をはじめ、私たちの全身体を使った音声表現
は、実に豊かに私たちの気持ちや意図を表現することができる。音声を上手に使いこなすことにより円滑な
コミュニケーションができると言っても過言ではない。この授業では音声言語、音声表現の魅力を知り、音
声言語の理解と表現の両方について明らかにしていく。

この授業では、日本語の音声表現を中心に、
1.さまざまなスタイルの音声言語表現を聞き、日本語の多様な音声
  表現法について学ぶ。
2.リスニングのメカニズムを明らかにし、上手な聴き方、リスニン
  グ力を高める方法について学ぶ。


先修条件または
他の授業科目との関連

この授業は特定プログラム「日本語教育」の1講座である。したがって、特定プログラム受講資格者が履修で
きる。副専攻科目の「日本語音声学」を先に受講することをすすめる。 この授業では、日本語教師になるた
めの知識だけでなく、受講者が外国語を学習する際にも役に立つ情報が得られるであろう。

履修のポイント
留意事項

この授業では、留学生に母語の発音を指導してもらったり、日本語学習の経験談を聞いたりするが、授業以外でも留
学生と積極的に交流して、発音を教え合うなどの機会を作ってもらいたい。

学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2016/09/14 10:14:28 作成