授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 航空貨物輸送論
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
この授業では、はじめに目覚しい発達を遂げた航空貨物輸送の歴史や航空貨物輸送
産業、航空貨物輸送の現状について説明し、次に航空輸送による輸出入貨物の流れ
についておさえたうえで、航空運送状、運賃、特殊貨物、賠償責任、貨物保険・荷
主保険等の運送取扱の実態について解説をする。本講義の目標は、以上の講義を通
じて、航空貨物輸送に関する基礎的な知識を習得することおよび、IATA-FIATA 
DIPLOMA(国際航空貨物取扱士)の資格取得を目指すことである。
先修条件または
他の授業科目との関連

航空輸送についての知識を深めるためには、「航空ビジネス論」を履修することが
望ましい。また、「ロジスティクス論基礎」等の物流に関する授業も受講すると、
授業内容が理解しやすくなる。

履修のポイント
留意事項

授業には必ず出席し、積極的に参加すること。

学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2016/09/14 10:14:28 作成