授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 水域環境・生態学
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
 沿岸域において安全かつ継続的に海洋スポーツを楽しむためには、水域環境と海
洋生物の生態系の保全に努める必要がある。本科目では、沿岸域における水質汚濁
などの水域環境の問題点や、沿岸域の海洋生物とその生態、水質などの水域環境の
海洋生物への影響について学び、水域環境や生態系の保全のための方策、特に海洋
スポーツを行なうにあたって留意すべき事項について具体的に考える。また、安全
にダイビングなどの海洋スポーツを行なうために必要な危険生物に関する知識につ
いても学ぶ。
先修条件または
他の授業科目との関連

 本科目は海洋スポーツを行なう上で必要な海についての基礎的知識を身につける
ための科目であり、全ての海洋スポーツ副専攻科目、海洋スポーツ総合特定プログ
ラム科目と関連があるが、特に海洋スポーツ総合特定プログラム科目の「気象・海
象・水域環境実習」を履修する学生は、事前に本科目を履修することが望ましい。
履修のポイント
留意事項

 本科目は理系学科、文系学科を問わず、全ての学生が履修可能であるが、授業内容を
良く理解するためには高校の理系科目程度の知識が必要な場合もある。授業内容が分か
りにくい時は、担当教員に質問するとともに、図書館などを利用して参考書等を調べ、
復習することが必要である。
学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2016/09/14 10:14:28 作成