授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 高度科学技術入門
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
 「サイエンス・マイスター副専攻」は、理数分野に高い関心のある学生や意欲の
ある学生に対し、複数の高度分析機器の原理を理解し、それらの機器を活用した分
析技術および技術者・研究者としての企画力・分析力・実行力・点検・改善力を修
得してもらうことで、将来、グローバルな社会の多様な場で活躍できる科学技術
者・研究者となりうる「サイエンス・マイスター」を育成することを目標としてい
ます。
 基礎科学科目である「高度科学技術入門」は、「サイエンス・マイスター副専
攻」の導入学習科目として配置されており、本副専攻の概要と、高度分析装置によ
る分析可能な極限の世界とその応用分野を理解するために開講します。具体的に
は、化学・生命、環境・材料物性分野等における化学・状態分析、結晶組織と構造
分析、表面・界面分析等に関して、最近の研究分野のトピックス等も含め、講義を
通じて理解するとともに、関連する分析装置の概要を理解します。
 本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「集い力」、「科学に
対する問題発見力と分析力」になります。

先修条件または
他の授業科目との関連

 本授業は、「サイエンス・マイスター副専攻」の導入学習のための基礎科学科目
となります。先修条件はありませんが、理数分野に高い関心を持って入学した学生
や、強い意欲のある学生を対象にしています。本授業では、理工系学科の基礎科目
群(数学・物理・化学等など)に関する基礎知識が必要であると同時に、自ら問題
点や課題を発見し解決していくことが求められます。
 本副専攻は、段階的にレベルアップするようカリキュラムが組まれています。授
業では、理工系の基礎知識を必要とするので、履修に条件を設ける場合や履修を制
限する場合があります。また、本授業は、「科学体験学習1・2」や「高度分析装
置技術1・2・3」につながる授業として位置づけられています。授業の内容を確
認し、原則として、履修の順序どおりに修得して下さい。

履修のポイント
留意事項

 大学という新たな環境へ入ってきた学生が、最も「やる気」のある時期となる初年次
は、本副専攻においても重要です。本人が気づかなかった能力や新たな「やる気」をも
発見し、その「やる気」を大学での4年の間、継続させられる動機付けとなることを目
指します。
 本授業で紹介する分析装置は、数学・物理学・化学の法則や様々な現象を応用して造
られています。よって数学、物理学、化学等の広範な基礎知識が必要となるため、日頃
から努めて関連する知識や考え方を吸収する心構えが必要です。

学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2016/09/14 10:14:28 作成