授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 高度分析技術2
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
 私たちの取り扱う製品は、様々な物質(材料)から成り立っています。これら材
料の特徴や機能を調べ・決定することが分析であり、その手段として用いる機器が
分析装置です。新しい材料を活用するには、その特徴や機能を分析することが重要
となります。
 これら分析装置は様々な物理・化学法則、原理を応用して作られています。ま
た、装置の操作はコンピュータやソフトウェアの支援により簡便となりました。し
かし、得られた測定・分析結果を「読む(判断する)」のは人間です。よって、分
析技術者は装置の操作のみならず、分析(評価測定)装置の根本的な原理を理解す
る必要があります。
 「高度分析装置技術2」では、@東海大学に導入されている高度分析装置につい
て概説し、材料分析の基本的な理解を深め、A分析装置の構成と原理について理解
し、これらの装置より得られる情報を解析して物質の構造や特性、元素成分や組成
を明らかにする、つまり「データを読む」能力を身に付け、さらに、B問題を解決
するために最適な分析方法や装置を選択できうる能力を身に付けます。
 本授業により育成する力・スキルは、「挑み力」、「科学に対する問題発見力と
分析力」です。

先修条件または
他の授業科目との関連

 「高度分析装置技術1・2・3」では、基礎的な分析技術から高度な分析技術ま
で系統的に、段階的にレベルアップするようカリキュラムが組まれています。副専
攻科目(全学共通科目)であるため先修条件はありませんが、原則として、授業の
内容を確認し、履修の順序どおりに修得していくことが好ましいといえます。ま
た、理工系の知識を必要とするので、履修に条件を付ける場合や履修を制限する場
合があります。
 本授業は「サイエンス・マイスター副専攻」の根幹となる専門科学科目であり、
「高度科学技術入門」の他、理工系学科等の基礎科目群(数学・物理・化学など)
が履修済みであるか、あるいは同時に履修する事を望みます。また、本授業はサイ
エンス・マイスターとして社会で活躍するための基礎学力を身に付ける科目であ
り、授業の内容は「高度科学技術入門」をはじめ「高度分析技術1・3」、「科学
体験学習1・2」、「課題分析実験1・2」、「課題分析演習1・2」などとも関
連しています。

履修のポイント
留意事項

 本授業で扱う分析装置は様々な物理・化学法則や現象を応用して構成されています。
よって分析化学はもちろん、電磁気学や統計学、物理化学、無機化学・有機化学・金属
材料学等、広範な知識が必要となるため、日頃から努めて知識や考え方を吸収する心構
えが必要となります。
 また、サイエンス・マイスターとして社会で活躍するための根幹となる実力を身に付
ける科目である事を自覚し積極的に授業に参加する事を望みます。

学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2016/09/14 10:14:28 作成