授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 サイエンス・マイスター認定ゼミナール
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
 「サイエンス・マイスター副専攻」は、将来、グローバルな社会の多様な場で活
躍できる科学技術者・研究者となりうる「サイエンス・マイスター」を育成するこ
とを目標としています。本取組では、以下の4つを教育目標として掲げています。
 @自然科学系分野の課題に対する理解力と問題発見力
 A複数の高度分析装置を活用し、未知の科学現象を分析する力
 B日本語、英語によるプレゼンテーション力
 C倫理感を持って科学技術の発展・改善に寄与する力
 「サイエンス・マイスター認定ゼミナール」は、本副専攻の集大成の科目であ
り、「課題分析実習1・2」を通して得られた研究内容について、学会での発表
(英語を含む)や論文作成等をおこないます。また、関連する分析装置の原理・操
作について認定試験を実施します。
 本カリキュラムにおいて、20単位以上を修得し、かつ「マイスター認定ゼミナ
ール」の単位を修得した学生には、「東海大学サイエンス・マイスター」の認定証
が発行されます。
 本授業により育成する力・スキルは、「成し遂げ力」、「科学プレゼンテーショ
ン力」、「科学技術への改善・発展力」です。

先修条件または
他の授業科目との関連

 本授業は、「サイエンス・マイスター副専攻」の集大成の科目となります。先修
条件としては、「課題分析実習1・2」で得られた研究内容について、学会での発
表(英語を含む)や論文作成等を実施しますので、事前に履修しておく必要があり
あす。また、学会での発表支援(英語を含む)の科目として「科学プレゼンテーシ
ョン1・2」を活用することが望ましいといえます。
履修のポイント
留意事項

 将来、グローバルな社会の多様な場で活躍できる科学技術者・研究者となりうる「サ
イエンス・マイスター」としての実力を発揮する科目であることを自覚し、学生諸君が
倫理観を持って科学技術の企画力・分析力・実行力・点検改善力、いわゆる研究分野に
おけるPDCAを積極的に取り入れ、授業で展開することを望みます。
学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2016/09/14 10:14:28 作成