授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 教育制度論
授業科目の区分 卒業単位に含まれない科目    教職・資格に関する科目
授業の目標
「教育制度論」は、中学校・高等学校の教員免許状の取得に必要な授業科目であり、
「教職に関する科目」の「教育の基礎理論に関する科目」における「教育に関する社
会的、制度的又は経営的事項」に該当するものである。
 教育の専門職は公教育を担う者であり、公教育についてのきまりや仕組みの原則や
課題について理解している必要がある。この点をふまえ、「教育制度論」では、公教
育にかかわるきまりや仕組み、すなわち教育の目的・目標や教育行政・財政、学校体
系、義務教育、就学保障、社会教育・生涯学習などの諸制度の基礎的・基本的な事項
やこれに関連する実践的な問題・課題について取り上げる。これらに関する授業を通
じて、公教育に関する知識の獲得とともに、今日の学校や教育がかかえる問題を考
え、その解決のための視点を獲得することが目標となる。
授業で育成する力・スキル
  ・自ら考える力(学習力・思考力・探究力)

先修条件または
他の授業科目との関連

教育原理を履修していることが望ましい
履修のポイント
留意事項

授業形態は「講義」中心である。授業の内容は学校教育の実践的な問題に関わるものであ
るから、新聞記事等の教育時事に留意すること。


学部・学科必修/選択の別
海洋学部 海洋地球科学科 随意(卒業単位に含まない)
海洋学部 水産学科                 生物生産学専攻 随意(卒業単位に含まない)
海洋学部 水産学科                 食品科学専攻 随意(卒業単位に含まない)
海洋学部 海洋生物学科 随意(卒業単位に含まない)
海洋学部 航海工学科                海洋機械工学専攻 随意(卒業単位に含まない)

2016/09/14 10:14:28 作成