授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 日本語学特殊講義A−1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

小林千草 講師

今年度の開講の有無及び担当教員については、「シラバス(詳
細)」をご覧下さい。
授業の目標
  日本語学(国語学)とは言語としての日本語を研究の対象とする学問である。こ
の中には文字(表記)・音韻・語彙・文法・文体・言語生活(方言を含む)などの
分野がある。各分野ごとに、通時論的研究・共時論的研究が存在するが、その研究
資料としての文献を解読・注釈・分析そして有効利用する方法論を実践的に学ぶこ
とを通して、受講生が啓発され、自らの研究に応用していくことを目標とする。
 日本語学(国語学)の諸分野のうち、担当教員が専門領域を中心として自己の創
見を加えた講義を行う。  

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 講義とは言え、受講生の積極的な発言や関連資料・関連事項への調査姿勢は必須であ
る。適宜、自らの研究への応用の可能性や試みについて、問われる授業となろう。
学部・学科必修/選択の別
文学研究科                日本文学専攻               博士課程前期 選択

2016/09/14 10:15:06 作成