授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 上代文学文献研究1−2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

志水義夫 教授

今年度の開講の有無及び担当教員については、「シラバス(詳
細)」をご覧下さい。
授業の目標
  上代文学というのは、日本文学の発生以来、桓武天皇が平安京に都を遷した延
暦13年(794)までの文学をいう。ほぼ奈良時代に相当するが、文字によって表現
されなかった時期のもの、口承文芸も広く含まれる。上代と中古を併せて「古
代」とし、上代を「古代前期」ともいう。この時代の文学の中から特定の文献
(作品・資料)について注釈・解読・分析などを行う。
  なお、この科目は本年度は開講されない。翌年度の開講の予定、その他、詳し
いことは専攻の事務室へお問い合わせください。 

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 現在の研究の水準を確認しつつ読解作業を課すので、漢字についての基礎知識や漢和
辞典の利用、また用例や資料の調査、研究史の整理が必要になる。また考古学や古代
史、中国思想、古代の風習といった文化史全般への留意も欠かせない。

学部・学科必修/選択の別
文学研究科                日本文学専攻               博士課程前期 選択

2016/09/14 10:15:06 作成