授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 中世英文学研究1−2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

未定
授業の目標
12世紀から15世紀にいたる中英語で書かれた諸作品を取り上げ、作品を精読しな
がら中世英文学を研究・講義する。しかし中英語は文法、表記、発音の点で現代の
英語とは大きく異なっている。したがって作品を精読するためには中世英語の文法
的・言語学的な基礎的知識と発音の習得が不可欠である。そこでまず平易なテキス
トを用いて中英語の文法や発音の習得から入り、あるていど理解が出来た後に
Geoffrey Chaucer、Sir Thomas Malory、William Langlandなどの詩人たちの平易な
作品を読みすすめながら中世英文学に慣れ親しみ、その奥深さと面白さ、そして近
代英文学への影響はもちろんのこと、現代英文学にまで与えている影響力を考察す
る。歴史的な背景や参考文献は必要に応じて解説・紹介する。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

なし
学部・学科必修/選択の別
文学研究科                英文学専攻                博士課程前期 選択

2016/09/14 10:15:06 作成