授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 英文学研究法A
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

奥田良二  教授
斎藤早苗 准教授
山本志都 准教授
保坂華子 准教授

授業の目標
この科目は必修である。
(文学):独自の論評を展開し、その判断や評価を下すためには、文化・思想にたい
する知識の必要性とともに、人間、社会、世界等をどのように見るか、その視点が
重要である。このため先ず、代表的な作品や先行研究に取り組み、文学研究の意義
や「ものの見方」を検証し、洞察を深める。
(言語学):英語学・言語研究への導入を行う。これらの分野を学ぶ対象としてと
らえるのでなく、研究対象としてとらえ、みずから新しい知見を探索するための手
ほどきを行う。先行研究をたどりなから、その上に立ってリサーチ・クエスチョン
を設定する。
(英語教育学):英語教育学は量的方法を中心に発展してきたが、近年、質的研究
も注目されている。先行研究も両者が存在する。従って両者のアプローチの違いと
その方法を理解する必要がある。同時に研究とは何か、研究という形で構築される
「知」の考察を通して英語教育と教授法研究の導入を行う。
(コミュニケーション学):コミュニケーション研究は人文学と社会科学の影響を
受けて発展してきた。先行研究も両方のアプローチが存在する。従って両者の理論
と研究法のアプローチの違いとその方法の理解と同時に多様なアプローチの理解も
不可欠である。研究という形で構築される「知」と理論の考察を通してコミュニケ
ーション研究の導入を行う

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

文学、語学、コミュニケーション学、英語教育学専攻生共に、専門分野の理解ととも
に、英語の力を養うことか肝要である。日頃から良質の英語テキストを数多く読み、英
語のセンスを養うことを励行してほしい。OED やWebster 等の辞書を駆使して専門分野
関連の文献を多量に読み、内容を理解する力がまず必要である。英文を的確に読み取る
力をつけて欲しい。また学会発表や論文作成に不可欠なアプローチの仕方も指導する。



学部・学科必修/選択の別
文学研究科                英文学専攻                博士課程前期 必修

2016/09/14 10:15:06 作成