授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 英文学研究法D
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

奥田良二  教授
斎藤早苗 准教授
山本志都 准教授
保坂華子 准教授

授業の目標
この科目は必修である。
(文学)論評の総合的な批評的視点と姿勢を育成する。特定作家の作品を取り上
げ、すでに習得した方向から理論的・実証的に考察し、より高いレベルでのリサー
チの手法を議論し、研究論文を完成する。
(言語学)研究論文執筆をめざした研究法を扱う。すでに学んだ先行研究の評価、
仮説設定の方法などの理解をもとに研究論文につなげる手法を学ぶ。各自の研究対
象の性質、研究の目的に応じた相応しい手法の選択と手法を知り、実践に移す方法
を考察する。
(英語教育学)各自の研究課題に適切な研究方法を具体的に設定し、データ収集と
分析を行う。最終的には英語での研究論文の形に仕上げることを目標とする。デー
タの分析結果の報告とその分析結果の理論的・教育的意義についても検討する。各
自の研究が言語教育の観点からどのような社会的貢献ができるのかという視点から
論文を完成させる。
(コミュニケーション学)各自の研究課題に適切な研究方法に基づいてデータ収集
と分析を行い、英語の研究論文作成を目的とする。データの分析結果の報告とその
分析結果の理論的・社会的意義についても考える。各自の研究が異文化コミュニケ
ーションの理論的な理解の基に、多文化共生社会を実現しうる異文化コミュニケー
ションの立場から、学問的・知的貢献度も視野に入れる。


成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

文学、英語学・言語学、コミュニケーション学、英語教育学専攻生共に、専門分野の
理解とともに、英語の力が肝要である。日頃から良質の英語テキストを数多く読み、英語
のセンスを養うことを励行してほしい。また英語で研究論文を書くためには、専門知識
をはじめ、適切な文法知識と簡潔かつ的確な英語の表現力が必要になる。その土台は授
業中、あるいは院生個人が研究のために読む英語の文献である。文献を読む際に、「書
く」ことを念頭に置き、論文の適切な英語表現および論文構成を学んで欲しい。また学
会発表や論文構成に資する具体的・総合的な作成法を指導する。



学部・学科必修/選択の別
文学研究科                英文学専攻                博士課程前期 必修

2016/09/14 10:15:06 作成