授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 経済理論研究2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

小中山 彰


授業の目標
制度経済学

なぜ組織や制度が形成されるのだろうか。そこにはどのような合理的な根拠付けが
あるのだろうか。本科目では、取引費用理論、プロパティライツ理論、プリンシパ
ルエージェント理論、契約理論などを使ってこれらを明らかにしていく。資源配分
のための社会的工夫の一つである市場メカニズムと対比させながら、組織や制度を
経済学的に分析していく。伝統的な組織論を経済学的に補完することを目指してい
るとも言えるであろう。また、最近の情報技術が果たす役割にも焦点を当てる。ア
ウトソーシング、コア.コンピタンス、電子商取引、サプライチェーンマネジメント
等の経営学における最近のトピックにも言及する予定でいる。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

中級ミクロ経済学に関する理解と中級の経営学に関する理解を要求する。また、多く
の事例研究を扱うが、これらはほとんどが英語なので、英語の読解力も要求される。

学部・学科必修/選択の別
経済学研究科               応用経済学専攻              博士課程前期 選択

2016/09/14 10:15:06 作成