授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 国際経済・経営研究A2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

岩谷昌樹
授業の目標
本講義は、国際経営の主体である多国籍企業に焦点を当てる。
冒頭では、グローバルビジネスとはどのような状態のことを示すのかについて吟味
する。
議論のベースに据えるのは、ラグマン教授(The Regional Multinationals,2005
年)が示した定義である。
それは「世界三大市場(北米・ヨーロッパ・アジア太平洋)のそれぞれで、全体の
売上げのうち、少なくとも20%ずつを占めていること」が、グローバルビジネスで
あるというものである。
しかも、そのうちのどこか1ヵ所でも50%以上あってはならない。
世界三大市場で、バランス良く売上げがあること。
それが、グローバルビジネスということになる。
これ以降も、主に多国籍企業論に立脚しながら、国際経営の担い手である多国籍企
業への理解を深めることが本講義の狙いとするところである。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

履修者には毎回発表を求めるので、詳細な予習が必要である。

また、定期的にレポート課題をかすので、それまでの学習の復習と、それらの学習内容
を自ら解釈し、応用できる能力の形成に努めてもらいたい。

学部・学科必修/選択の別
経済学研究科               応用経済学専攻              博士課程前期 選択

2016/09/14 10:15:06 作成