授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 応用経済学演習1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

岩谷昌樹、遠藤誠二、小崎敏男、竹内文英、本間 聡、
八木英一郎、久田祥子、亀岡京子
授業の目標
本授業の目標は、経済学および経営学に関する既存研究を体系的に理解することに
ある。そのためには、国内および海外の学術論文を数多く読み込み、査読者の立場
になって批評できるようになることが必要である。このことによって、論文で展開
されている議論を多方面から検討し、既存の理論やアプローチ方法を学ぶことが
できるになる。また、自らの研究対象の位置づけを明らかにすることも可能となる。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

受講者は以下の点について留意されたい。
(1)本演習を通じて、自らの関心や研究対象を明確にし、その研究アプローチについて
も取り入れるべき点を自ら学ぶこと。
(2)本演習で読むべき論文はすべて、演習前に読んでおき、コメントを作成してくること。
(3)英語論文を読むこともあること。
(4)日常的に新聞や経済・ビジネス系雑誌を読むこと。
学部・学科必修/選択の別
経済学研究科               応用経済学専攻              博士課程前期 必修

2016/09/14 10:15:06 作成