授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 基礎法学第二特講1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

北村隆憲 教授
授業の目標
本講義は、第一に法社会学の基本的な考え方と調査法を理解することによって、自
分自身で文献を検索・読解し、法社会学的な調査を行うことが出来るための基礎を
築くことを目標にしたい。自分自身の研究を自分でテーマを発見し、理論的な位置
を考え、適切な調査法を案出し、そこから有意味な結論を見出していく、この実践
的なプロセスを理解することに重点をおきたい。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

法社会学は、社会科学・経験科学の方法とパースペクティブから法システムを研究する
学問である。したがって、法律学はもとより、心理学、経済学、哲学、人類学、社会学
などの隣接分野における思想動向に普段から興味と関心を持ちつづけて、それらの分野
の文献も積極的に読んでいくことが必要である。
学部・学科必修/選択の別
法学研究科                法律学専攻                博士課程前期 選択

2016/09/14 10:15:06 作成