授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 人間環境学特講3
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

本研究科の授業担当資格のある教員で、原則として修士論文研究の
アドバイザー教員が担当する。(10号館2階自然環境準備室、内線
4310)
授業の目標
本授業は、本研究科の教育理念にある「人間環境を人文・社会・自然科学の枠を超え
た学際的な広い視野で考え、共生社会構築に向けて行動できる人材を育成する」こと
を具現化するためのものである。
具体には、修士論文研究を進める中で研究指導教員とは別に定めたアドバイザー教員
(原則として人文・社会・自然科学分野の区分で研究指導教員とは専門を異にする教
員)が自身の専門分野から修士論文研究を指導し、学生はその指導内容を考慮して修
士論文をまとめるものである。
本授業では、人文・社会・自然科学の枠を超えた学際的な広い視野で修士論文研究を
まとめることを目標とする。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

修士論文研究では、自身の専門分野の研究内容について真理を探究することが極めて重要
であるが、その過程で異なった学問分野の視点から当該研究を俯瞰することは、修士論文
研究で取り扱っている課題の解決に向けた有効な手段になりうる。
学部・学科必修/選択の別
人間環境学研究科             人間環境学専攻              修士課程 必修

2016/09/14 10:15:06 作成